現在使われている新暦は、太陽が基準です。しかし旧暦は、月の満ち欠けが基準でした。だから現在とは,季節のずれがあります。

1月 睦月(むつき) 仲睦(むつ)まじくお正月
2月 如月(きさらぎ) 衣を更に着る「着更着(きさらぎ)」から
3月 弥生やよい) 草木がいよいよ(=弥)生えてきた
4月 卯月(うづき) 初夏の花、卯(う)の花が咲いた
5月 皐月(さつき) 田に早苗(さなえ=若い稲の苗)を植える早苗月からきている
6月 水無月(みなづき) 夏で水が枯れてしまった・『水の月』がなまったいう説のある
7月 文月(ふみづき) 昔は七夕に文(詩歌)を詠(よ)んでいた
8月 葉月(はづき) 落ち葉が舞う
9月 長月(ながつき) 夜が長くなった
10月 神無月(かんなづき) 神様が天上での集会のために地上を留守にするといわれていた
11月 霜月(しもつき) 霜が降りた
12月 師走(しわす) 普段は落着いている師が走るほど忙しい