幼 学 ようがく 10才 礼記・曲礼上 より
志 学 しがく 15才 論語より
弱 冠 じゃっかん 20才 礼記・曲礼上 より
壮 室 そうしつ 30才 礼記・曲礼上 より
而 立 じりつ 30才 論語より
強 仕 きょうし 40才 礼記・曲礼上 より
不 惑 ふわく 40才 論語より
桑 年 そうねん 48才 『桑』という字の異字体「縺vが四つの十と八に分けられることから
艾 年 がいねん 50才 礼記・曲礼上 より
知 命 ちめい 50才 論語より
耳 順 じじゅん 60才 論語より
還 暦 かんれき 60才 数え年61才の称・六十年で再び生まれた年の干支に還ることから
華 甲 かこう 61才 『華』の字を分解すれば、六つの「十」ろ「一」となるから・『甲』は「甲子(きのえね)」の意味
従 心 じゅうしん 70才 論語より
古 希 こき 70才 杜甫・曲江詩『人生七十古来稀』より
喜 寿 きじゅ 77才 『喜び』の草体文字が、「七十七」と読まれることから
傘 寿 さんじゅ 80才 『傘』の略字が、「八十」と読まれることから
半 寿 はんじゅ 81才 『半』を分解すると、「八十一」になるから
盤 寿 ばんじゅ 81才 将棋盤の目の数 九×九=八十一
米 寿 べいじゅ 88才 『米』を分解すると、「八十八」になるから
卒 寿 そつじゅ 90才 『卒』の通用異字体「卆」が、「九十」と読まれることから
白 寿 はくじゅ 99才 『百』の字から「一」を引けば、「白」の字になるから
紀 寿 きじゅ 100才 『紀』は世紀の意味で100年
大還暦 だいかんれき 120才 2度目の還暦